トイレのつまり:バケツ

17年10月04日

トイレのつまりを修理する方法としてバケツを使うという方法が考えられます。バケツによってトイレのつまりを修理するのは簡単にできます。バケツに水をためて、比較的高い位置からトイレの排水口に向かって水を少しずつ流すだけで大丈夫です。多くのかたがここで一気に水を流してしまいがちなのですが、トイレのつまりを解消するには少しずつ水を流していく方が効果的です。水が溢れる

余りにも多くの水を流してしまうと、トイレに水がたまってしまって、水流が逆に弱まってしまうことが起きてしまいますので、少しずつ効果的に排水口に向けて水を流していくと良いでしょう。水量は少しでいいのですが、バケツの位置はできるだけ高くすると良いでしょう。十分な水圧をかけたほうがトイレのつまりが解消されやすくなりますので、その点は注意したほうが良いでしょう。滝のようなイメージを水をバケツから落としていくようにするのがポイントです。

最初はなかなか思うようにいかないかもしれませんが、少しずつでも水が流れるようになって来ればいいので、何度もあきらめずに繰り返しバケツから水を流すようにすると良いでしょう。トイレがつまって水がなくなった状態ですと臭いが気になることもありますが、とりあえず水をためておくと臭いの問題の解決にもなります。