トイレのつまり:酢と重曹

17年10月08日

トイレのつまりを修理するための方法として、酢と重曹を使う方法もあります。これはお湯をトイレの便器にためておいて30分から1時間ほど待ちます。その後重曹を計量カップ半分程度、お酢を計量カップ1杯程度入れます。必ずしも熱湯である必要はありません。お湯で十分です。お湯によってつまっているものを柔らかくすることを考えてお湯を便器にいれます。あまり高い温度のお湯を使うと便器にひびが入ってしまうことがありますので、熱湯を使うのは避けるようにすると良いでしょう。50度くらいのお湯が適当です。酢と重曹を使う方法

また、お湯に入れるのが重曹だけでもお酢だけでも意味がありません。必ず同時に2つをお湯に入れることが肝要です。お湯と重曹を混ぜると泡ができます。その泡がトイレのつまりを解消するために重要な効果を発揮してくれることになります。お湯を入れることによって少しでもトイレが流れるようになったら、続いてトイレにお湯を入れて流していくと良いでしょう。上手くすると、トイレのつまりを完全になくすことができます。ながれはじめたら、バケツに今度は、水を入れて。排水口に向けて滝のように水を少しずつ流し込むようにすると良いでしょう。(トイレから水があふれないようにしましょう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です